<   2010年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

届きました。

『吉報』が。

まだ諸々の事情がありますので

正式決定ではないのですが、来てもよいとの返事が。

こちらのお店です。

http://www.dacaino.it/

ミシュランの2つ星

常にトスカーナ地方で1、2を争う評価をとっている

リストランテです。

前回の修行時にこのお店の本を買ったぐらい有名なお店。


予定では11月28日より

勝負してきます。


b0194867_6666.jpg





写真はまったく関係ないのですが、フィレンツェ市内での

観光者のバス待ち風景。(多分座る所ではありません)

ほのぼのとしていて

ついつい撮影。
イタリアに来た。

お店で働いた。

だけではつまんない。

働くならとにかく、勉強のできる所。(色々な意味で)

イタリアに来る前は、今回はコテコテのトラットリアで

働いてやると思ってました。


イタリアに来て心に変化が起きました。


どうせやるなら、イタリア人が尊敬するレストランでと。


今、トスカーナでもトップクラスのリストランテに逆オファー中。


一つは既に交渉成功。


本命のお店は、返事は近日との事。

是非吉報を。
休日を利用しトスカーナの都市シエナへ。

前回の修行時も一応シエナ県在住。(かなり端の田舎)

懐かしい思いと、思い出で胸が熱い。


あの時、自分は全力だったか?

あの時、イタリアで何を学んだか?

あの時、何をイタリアでやりたかったか?


今だから想える色々な感情が入り交じる。




b0194867_5543137.jpg






b0194867_5551381.jpg






b0194867_5554115.jpg






b0194867_5561442.jpg






b0194867_5564725.jpg






b0194867_5571834.jpg






b0194867_557486.jpg






b0194867_559150.jpg






b0194867_5593476.jpg





こちらはトリッパのシエナ風

分かりやすく言うと牛モツのトマト煮なのですが

有名なのはフィレンツェやローマ。

シエナ風?美味しかったです。

多少ピリ辛で、豚さんの唇入りだそうです。


シエナも良い町です。

旅行の際はのんびり訪れて下さい。
本日は空いた時間を利用して

フィレンツェの路地を散策。


常々、旅行者が行く様な所にあまり興味の

持てぬ自分。

撮る写真も自然と関係無いものに。


写真だけを見てもフィレンツェとは分からない。

でも毎日こういう風景を見つけては写真に収めてる。


b0194867_2134147.jpg






b0194867_21345315.jpg






b0194867_21352920.jpg






b0194867_21355874.jpg






b0194867_21363587.jpg





立ち寄って入った。食堂。

こちらのズッキーニはの詰め物はまさしくイタリアのマンマの味。

でもびっくりするぐらい美味しかった。

不思議なぐらいの味の完成度に、いつまでも考えこみました。

先日行った、serendepicoとは又違ったイタリア料理(これぞ伝統料理)

自分がどちらに向かって進んでるかまだ答えは出ない。

でも言える事は、ひたすらに美味しく。追求したい道でした。
久しぶりに食事で感動。


胸が躍る時間。


我を忘れて食べてました。


僕の心を揺さぶる技術と、お皿。


素敵なレストランに出会いました。

b0194867_741090.jpg






b0194867_721912.jpg






b0194867_75663.jpg






b0194867_75476.jpg






b0194867_762358.jpg






b0194867_771494.jpg






b0194867_775091.jpg






b0194867_78336.jpg






最後はシェフと記念撮影。

シェフ若干23歳。

世界は広い。

でも生まれた時からイタリア料理に触れている。

彼からしたら僕のが小僧だ。





このリストランテも田舎の目立たない所に或る。

イタリアは田舎に本当に良いレストランが沢山ある。

イタリアの底力と文化の奥深さを知った夜。
又お呼ばれしたので

ルッカへ訪問。


b0194867_0165534.jpg






今日の目的は

ルッカに美味しいお店ができたから

食事に行こうと誘われ訪問。

僕はまだどこのレストランで働くかを決めていないので

いろいろ食べて、見て、シェフと話して

じっくり決めたいなと。

とその前に時間がcena(夕飯)には

まだ早いという事で、いつもお世話になってる方の

会社訪問。(ルッカでオリーブオイルの会社を経営しております)


b0194867_0215529.jpg




創業1901年の老舗。

ルッカのオリーブオイルは有名です。


b0194867_0231664.jpg






社長自ら、会社を案内して頂きました。

offの時とはやはり、顔つきが違います。


b0194867_0241912.jpg






コーヒーも作っています。


b0194867_0251544.jpg






イタリアは企業秘密が無いのかな?

バシバシ写真を撮ってました。


b0194867_0255847.jpg






この中、すべてがオリーブオイル。



オリーブオイルはイタリア料理の調味料の中でも

1、2を争う大事な調味料。

身近な人で魅力的な製品を作ってもらえる事に

とても有り難く思います。


工場見学が長くなったので、レストランは次回に又。
イタリア滞在既に4回目の

フィレンツェの屋台の

ランプレドットのパニーノ

つまり牛のギアラのハンバーガーですね。


b0194867_20342988.jpg




本当に旨い。

柔らかく煮込んだ牛のモツ

爽やかな香りのサルサ・ヴェルデ

ピリッとアクセントにサルサ・ピカンテ

そしてそれを包みこむ

カチカチの食感のパニーノ

しかも3ユーロ (日本円で約360円)



フィレンツェに居る間あと何回食しましょう。
本日は休日を利用して

前回初めて住んだイタリアの町トスカーナ地方のルッカへ。


b0194867_22531466.jpg





城壁に囲まれた小さな町。

スローフードの発祥とも言われる偉大な町。


b0194867_22544450.jpg





城壁の上から外を撮影。

とても幸せな時間。

トスカーナの田舎には喜びしかありません。


b0194867_22563580.jpg




前回修行時もお世話になった方の家に

お邪魔しました。

イタリア人8人にお好み焼きとおにぎりを振る舞いました。

おにぎりの中身は

ツナマヨ。

ちなみに写真の寝ている犬は

なんと17歳。


b0194867_22583252.jpg





次の日はルッカの山の中のトラットリアへ

観光客は100%来ない場所に或る

イタリア人の為のイタリア人による

イタリア料理をご馳走になりました。

かなりの収穫があり。
フィレンツェの市場で



b0194867_18575419.jpg






b0194867_1858437.jpg






b0194867_18591864.jpg




先日蚤の市で購入した

錆びた鉄の帽子掛け
b0194867_5215091.jpg






b0194867_5222652.jpg






b0194867_523482.jpg






b0194867_5235075.jpg






b0194867_5242518.jpg





ナポリ名物

『ババ』

甘くて甘くて


b0194867_5252646.jpg





ナポリ独特

濃くてドロッとした

エスプレッソ

ナポリっ子の生活に浸かってみました。