<   2010年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日は世話になってるルッカの方にご挨拶。

レストランに入ったらしばらく会えないので。


b0194867_4174590.jpg





イタリアの電車の切符です。


b0194867_4185336.jpg





ルッカもフィレンツェに負けず劣らず

建物や風景に趣きがあります。


b0194867_4201156.jpg





トスカーナもここ2,3日で更に冷え込んで来た気がします。


僕の行くレストランは1月に20日間のバカンスが。

僕は遊ぶ訳には行かないので、前回連れて行ってもらった

山の中のトラットリアへその期間、勉強させてくれと直訴に伺いました。

無事にオーケー。

なので1月の10日間ぐらいはルッカのトラットリア修行。

イタリアの最高峰のリストランテと田舎の山の中のトラットリア(食堂)で

修行出来るこのチャンス、目一杯吸収して日本に持ち帰ります。
本日のお昼ご飯は残り少ないフィレンツェ生活を

締めくくるべく、気に入ったトラットリアへ再訪。

トラットリア『sostanza』

あまり観光客のこない場所に或る目立たないお店ですが

古くからある老舗のトラットリア。

これぞフィレンツェの食堂という雰囲気。

相席も当たり前の世界。


料理は至ってシンプル。

バターで和えただけのパスタや。

本当にシンプルにボイルしただけの鶏肉。


b0194867_84336.jpg




トラットリアで初めて温かいパンが出て来た気がします。


b0194867_863079.jpg





色々な肉をボイルしたスープ。

本当に本当にシンプルですが

何とも言えぬ深い味わい。


b0194867_88876.jpg





こちらも字にするとシンプル

牛肉を煮込んで、そこにラグーをかけて

茹でた豆を添えるだけ。

でもそれだけではない深みが。


僕が今回イタリアに来た目的と、感じたかった感覚は

これだと、改めて感じる。



どんな物でも、本質というのはとてもシンプル。

シンプルな物の中に本質は隠れている。

勉強しないと気付けないシンプルさが、僕はあると思います。


僕の好きな物

料理

音楽

映画

芸術



工業製品

思えばすべてシンプルな物に惹かれている気がします。
今週で2ヶ月のフィレンツェ生活を終了。

修行するレストランへ移動。

初めて行く土地。

胸がドキドキ。

今日、行き方を調べたら、フィレンツェからグロッセートという

町迄は電車で、そこからはバスでと。

目的の町迄、直接行くバスは1日に

なんと、1本!!

イタリア万歳。

前泊してレストランに移動します。
本日はフィレンツェ近郊の

la Tenda Rossaへ。

このリストランテは僕が今回の働く第2希望に上げていた

リストランテです。

ミシュランの星付きで、いろいろなガイド書でも

いつもトスカーナの中で5指に入ってくる超有名店。


b0194867_440459.jpg






少し場所に迷い、その場迄お店の方が

車で迎えに来て頂けました。

素晴らしいサービス。


b0194867_4421771.jpg





料理は季節の食材を使った、伝統的なイタリアのリストランテな料理。

すべて手が込んでいて、普段フィレンツェで入るトラットリアとは

やはり別物。(美味しさは別物、魅力的な要素は同じです)

これは秋の味覚ポルチーニのスフォルマート。

崩れるギリギリの固さで固めた繊細な料理。


b0194867_4464170.jpg






最後にカフェと一緒に提供される、小菓子。

ぬかりはありません。



やはりイタリアでもトップクラスの評価のお店です。

すべてが勉強になる事ばかり。

非常に為になる、濃い1日でした。
本日はワイナリー見学へ。

イタリア料理とワインは切っても切れない間柄であります。

料理だけでも成り立たないし

ワインだけでも駄目

料理とワインを楽しんでこそのイタリア料理だと思います。


本日はトスカーナのCHIANTI RUFINA地区へ。

日本へもワインを卸しているGRATIへ。


b0194867_581279.jpg






b0194867_584831.jpg






b0194867_59218.jpg






b0194867_510073.jpg





トスカーナ名物の食後酒

ヴィンサントの樽。


b0194867_5104326.jpg






b0194867_5114485.jpg





イタリアの典型的な田舎の駅。

静かです。


b0194867_5135830.jpg





これもイタリアでよく見る風景。

時計が止まっています。

しかも両方、違う時間で時を止めてます。



日本ではまだまだワインは普及しているとはいえない状態です。(ボジョレーで騒ぐ事自体)

でも僕らイタリア料理を作る人間が勉強して、伝える事が一番

日本の皆様にも伝わるし、それが当然の事だとも思います。

ワインと聞いただけで、なんか難しそうだなと思ってしまう方も

いるとは思いますが、本来ワインは日常的に楽しむ物です。

難しい事は考えず、食事の時間を更に楽しくする為の物だと考え

気軽に楽しんでみましょう。そこには奥深く素敵な世界が待っています。
本日はフィレンツェ在住っぽく

ドゥオーモの写真。

日が沈む前の空が青くなる時を。


b0194867_6584442.jpg






今回そういえば、初めてドゥオーモの写真を撮りました。

ボケボケ写真。


b0194867_70173.jpg





日本から素敵な写真が。

僕の帰りを待っててくれてるであろう子達。

左から犬、犬、猫です。

最近は毎日こんな感じらしいです。


うーーん、早く会いたい。
今、僕はイタリア。

今年の春から始めた畑。

今は全然触れない。

でも、相方が頑張って育ててくれてます。

帰ってからのお店の為に地道に土を育て、野菜を育ててくれてます。

本当に、僕はみんなに支えられ生きています。

感謝です。



b0194867_1423656.jpg





今年の秋冬野菜です。
by yamano-naka | 2010-11-16 01:44 | 畑の事
本日は僕の相方になる道具達を探しに町へ。

前回の修行時も相方達を多少は買い集めましたが。


今回もこれぞという物を求めに。


b0194867_41756100.jpg





パスタの道具です。

フィレンツェの模様が素敵。


b0194867_419349.jpg






詰め物用のパスタの道具。

パスタは芸術だと僕は考えております。


b0194867_4202059.jpg






これはニョッキを作ったり

ガルガネッリと言うショートパスタを作る為の道具。

ガルガネッリの道具は持っているものの、初めて見る形にゆえ

購入。




是非イタリア料理に詳しくない人にも色々知ってもらいたい。

パスタはスパゲッティだけではない。

それを日本で伝えるのが、イタリアに修行に来てる自分の役割だと思う。
by yamano-naka | 2010-11-15 04:26 | 料理の事
日本フェスタ。

開催に合わせるように無事に快晴。


どこでやっているのだろうと,フィレンツェの町を練り歩くと


b0194867_19202823.jpg






前方から着物姿の女性や

袴姿の男性達が。


b0194867_19214058.jpg






b0194867_19225988.jpg





タランティーノの映画『KILL BILL』の殺陣の演出もした

カムイの方達のパフォーマンスも

侍魂に震えました。



他にも日本の侍映画や,アニメの上映等も教会で行われる予定。

町行く人々も,足を止めて写真を撮ったり、パフォーマンスに釘付けに。



日本を離れ気付く事もある。

やはり僕の血は日本人。

イタリアに憧れる自分と、日本の事を誇らしく思えた自分。

いろいろな気持ちに出会えた素敵な一日。
最近のフィレンツェはとにかく

雨の毎日。

嫌になるぐらい毎日の様に雨が降り続いてます。

本日も突然の空からあられが。

調度、バス停でバスを待っていたため急いで近くの

バールへ滑り込み。



b0194867_6393771.jpg





これは今日の朝。

6時に家を出て警察署に滞在許可書を取りにいきました。

6時10分の時点で既に行列が。

終わる迄に掛かった時間

5時間。 イタリア最高。


b0194867_642176.jpg





この雨模様の写真を撮っている時に突如

雷とあられが。




明日からはフィレンツェで日本フェスタがあるらしい。

着物の女性や、コスプレの行列や日本の映画上映もあるそうです。

でもこの雨、大丈夫でしょうか。